先日、とても怖いニュースが入ってきました。

『野良猫に噛まれた女性が、ダニ媒介の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症して死亡』

本当に猫に噛まれて感染したのかは明らかにはなっておりませんが、

SFTSを発症している動物の体液に触れて感染する可能性は否定できません。



以前もダニのことについて書きましたが改めて。


マダニによって媒介される病気はSFTSだけではありません 

日本紅斑熱、ライム病、ダニ媒介脳炎、ダニの一種であるツツガムシによって媒介されるつつが虫病などがあります。

日本紅斑熱、ライム病、つつが虫病は抗菌薬で治療できます 

しかし、SFTSダニ媒介脳炎には有効な治療法がありません 

現在、日本でのSFTSの致命率は約20% 


これって結構怖いですよね。


ではどうしたらいいのか 


感染しないようにする 。



つまり予防が大切になります 



動物が発症しないためにも、動物から人が感染しないためにも
しっかりとした予防が大事になります。


現在予防薬は色々ありますが、
その子にあった薬を適切に使わないと効果が期待できないこともあります。


予防薬の相談はかかりつけの動物病院で!



当院でも相談可能なのでお困りのさいはお気軽にお越しください 



hiff cafe tamagawa × pet skin clinic
HP http://www.hiff-cafe.com
FB https://www.facebook.com/hiff.cafe.tamagawa/?pnref=lhc
03-6459-7555


↓ ブログランキングに参加してます!ポチッとお願いします! ↓


   にほんブログ村 犬ブログへ    にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ